小笠原丸の通信室 その2