TITLE

GMDSS (Global Maritime Distress and Safety System)

海上における遭難及び安全に関する世界的な制度

1992年2月1日より導入開始。1999年1月31日までに移行完了。
モールス通信を中心とした海上の遭難安全通信システムから
衛星通信、ディジタル通信技術を中心としたものに変更された。
GMDSSの対象船舶は、その船舶の船種、総トン数や航行区域などで、
また、漁船では、総トン数や操業海域により、決定される。
GMDSSの主な設備
コスパス・サーサットシステム
インマルサット通信システム
中波・短波通信システム
ナブテックス
衛生EPIRB
レーダートランスポンダー

国際電気通信連合条約及び無線通信規則

目的:電気通信に関する条約

GMDSSのための資格
無線通信規則の資格 電波法の資格
第一級無線電子証明書 第一級総合無線通信士
第一級海上無線通信士
第二級無線電子証明書 第二級海上無線通信士
一般無線電子証明書 第三級海上無線通信士
制限無線電子証明書 第一級海上特殊無線技士

STCW条約(船員の訓練及び資格証明並びに当直の基準に関する国際条約)

目的:船員の技能水準の確保

無線通信士に必要なもの

無線従事者免許証
船舶局無線従事者証明
海技従事者免状

SAR条約(海上捜索救助に関する国際条約)

目的:全世界的な海難救助体制の確立

SOLAS条約(海上における人命の安全のための国際条約)

目的:船舶の航行の安全の確保


back